防災Navi 忘れた頃に
Welcome, And Thank You For Your map.
Home 揃えるグッズ 防災を考える 役立つグッズ 防災最新情報



地震を知る

 日本は、世界で見ても地震がとても多い国といえます。それは、日本は、太平洋プレート、ユーラシアプレート、フィリピン海プレート、北米プレートという4つのプレートの上に乗っていて、日本が乗っているユーラシアプレートと北米プレートの下に、フィリピン海プレートと太平洋プレートが少しずつ年に数p程度潜り込んでいき、境目がひずんでいくため、太平洋の方では地震が良く起こるのです。

 日本が地震の発生が多いのはこの4枚のプレートが原因の場合がほとんどです。プレートとは、地球の中の高温の物質が海底から外に出てきた物が冷えて10q〜100qの厚さになった物で、これがどんどん外に出てくるのでプレートは1年に数cmずつ動いています。この海の底のプレートが、陸地を作っているプレートとぶつかると海のプレートの方が重くて強いので、陸地のプレートの下に入っていきます。これせいで陸地のプレートが引きずられてプレートがどんどん曲っていくことになります。

プレート
 太平洋沿岸の海溝沿いに起こる大地震は、海洋性プレート(太平洋プレートとフィリピン海プレート)が大陸性プレート(ユーラシアプレート)の下へ潜り込もうとする力と、大陸性プレート(ユーラシアプレート)が引きずり込まれまいと耐えようとする力が限界に達したときに、引きずり込まれた大陸性プレートが跳ね返り発生します。これを海溝型地震といいます。内陸あるいは陸地に近い海底のプレートとプレートがぶつかり合い、その力により活断層(約200万年前以降に活動したことのある断層)がずれて起こる地震と、南関東地域の地層のように、複雑に潜り込んでいる海洋性プレートの境界やプレート内での地震断層の発生による地震を、直下型地震といいます。断層はずれる方向によって、縦ずれ断層(正断層、逆断層)と横ずれ断層(左ずれ断層、右ずれ断層)に分けられます。東京を含む南関東地域は日本の中でも特に地震の多い地域として知られています。この地域の直下でプレートが互いに接しあい、地震が発生しやすい構造となっています。関東で想定される地震は、北米プレートの下にフィリピン海プレートがもぐりこむことによっておきる「海溝型の地震」です。この型の地震は、中央防災会議で今後100年か200年先に発生する可能性が高いとされています。

活断層
 東京やその周辺にはいくつかの活断層が存在しています。このうち、青梅市から国立市まで北西―南東方向に約21kmにわたって続く立川断層について、東京都は平成9年度及び平成10年度に調査を実施しました。この調査で、立川断層の平均的な活動間隔は約5,000年であることが推定されてきました。立川断層は過去に繰り返し活動した活断層であることが確実になり、大地震が今後も繰り返し発生する可能性があることが一層明らかになりました。しかし、これまでの調査結果を総合すると立川断層が前回動いたのは千数百年前と推定されているので、断層がきわめて近い将来に動く可能性は小さいと考えられます。


家族で話し合おう

 地震対策については、家族内でもしっかりと話し合うことが必要です。家族の防災意識を高めるために「家族防災会議」を開きましょう。 定朋的な話し合いで一人ひとりが各自の役割を果たせるように、そして適切な行動をとれるようにしておきましょう。

 また、家の地震対策も具体的に必要です。まず、家は「地震に強い家」であることが大切です。一戸建ての家では、柱など基礎の部分は勿論重要ですが、地盤である土地も重要です。地盤が危うければ補強することも必要です。ただ、地質により、地震によって土地が揺れる事で地震によってうける影響が逆に少ないという土地もあります。

 住居地盤の耐震度が判明し、その安全性や、また耐震補強が必要かどうか、がはっきり確認でき、必要な場合には耐震補強工事して、これで耐震対策は万全と思われている方もいらっしゃるかもしれませんね。 しかし、どんなに建物を丈夫にしても、地震のときに、タンスや食器戸棚が倒れてきてケガをしてはなにもなりません。
 地震による人的被害は、家屋・家具類の倒壊による圧迫死と思われる犠牲者が多いと言われています。建物の下敷きになる場合が大多数と考えられますが、家具の転倒による負傷も見逃せないケースです。家の中に置く家具も、地震の激しい揺れに耐えられるよう固定しておく事や、非難の際、家具が倒れて外へ出るのを阻止されてしまわないような家具の置き方を考える事が必要です。家具などの転倒による被害を防ぐには、皆さんのちょっとした工夫や日曜大工でも、十分な安全対策ができます。防災グッズを上手く利用し、身近なものを工夫しながら、大地震に耐えることが出来る家造りをしましょう。


冷蔵庫の地震対策


 最近のドアの多い大型冷蔵庫の中には、重量が100kg近くに達するものがあり、地震による転倒や移動は大変危険です。また、冷蔵庫の底には運送や、配置換えの便を考えてキャスターが付いていますが、地震の揺れで容易に大きく移動することがあることから、脚の部分のロックを行うとともに、転倒防止対策を実施する必要があります。
 家庭用の冷蔵庫には、通常裏側の上のほうに取手(手カケ)穴がありますので、ここにベルトを通して固定することができます。詳しくは取扱説明書をよく読んでください。分からないことは購入した店やメーカーに問い合わせてください。また、強力な両面テープが防災グッズとして販売されていますから、こういったものを利用してしっかりと固定するとよいでしょう。


タンスや食器棚の地震対策

 地震の時には、家具の対策が重要です。タンスや食器棚の固定については、L字型の金具を使って壁に固定するのが最もよい方法です。また、桟(えつり)に固定できない場合には、上置き型すき間埋め収納ユニット(上下式ユニット)をタンスの上に置き、天井と家具の高さを調節しましょう。 さらに補強材をしようすることによって、強度が増します。また、ベルトで留めたり、つっぱり棒をつけ、家具の下にストッパーの役割をする板を噛ませて置くのも効果的です。

 また、日頃から棚にモノを納めるときには、下段の方に重いモノ、上段の方には軽いモノをしまうようにします。更に収納家具が前のめりにならないよう、家具の手前足元と床の間にクサビ状の補助グッズを挟み込んでおくと安定がよくなります。寝室には背の高い収納家具を置かないことも大事です。
 食器棚やタンスなどで、2段重ねするようなタイプのものは、地震の揺れによって上の段のタンスが落ちてくる事が考えられます。連結金具で固定しておくことが大切です。食器棚などは、中身が落ちて割れ、破片は怪我の原因になります。収納してあるモノが飛び出してこないように、ゆれた時にロックがかかる開き扉のストッパーも防災グッズとしてあるようです。



本棚の地震対策


 本棚に本を収納するときには、重い本を下の段に置くよう整理しておきます。本が入っている段は勿論、上のほうにも、ゴムバンドを使って中身が棚からこぼれ落ちないようにしておきます。棚の上面には壊れやすいモノは置かないようにします。

 

家電の置き場

 

 転倒・落下しやすい家電製品は地震に備えて固定しておくことが望ましいのですが、万一固定器具が外れて転倒・落下した場合に備え、けがをしたり、避難障害にならないなどのレイアウトでの工夫なども合わせて行うことが大切です。

 強い揺れで固定器具が外れてしまった場合でも、落下して負傷者が出ないよう、人がいる場所周辺のロッカー上などに家電製品類を置かないようにします。部屋の出入り口や避難通路付近には、なるべく大型の家電製品を置かないようにします。
 
また、窓ガラスの周辺に置かれた家電製品類が転倒、落下した場合、ガラスとともに屋外に落下する危険もあります。家電製品の置き場所を決める際には、万一転倒、落下、移動した時のことを考慮に入れておくとともに、家電製品のパンフレット、取扱説明書に記載してある注意事項には必ず目を通してください。



テレビ

 

 薄型テレビ本体(または脚など)を直球ボルト等でテレビ台に固定することができる製品は、取扱説明書の方法に従って取り付けることが大切です。可能なかぎりテレビ台を床や壁に固定してください。

 テレビが台へのボルト固定に対応した設計になっていない場合は、ストラップ式器具等で固定したり、ロープとヒートンなどを利用して壁や柱と連結するなどの方法で、テレビが人のいる方向へ倒れないようにしておきます。

 また、ブラウン管を使ったテレビやディスプレイは、薄型テレビに比べて重量があることから、より強固に転倒・落下防止対策を施す必要があります。また、ブラウン管テレビは重心が前面にあることから、前方への転倒対策を重点的に施さなければいけません。



照明器具の地震対策

 天井からぶら下げられているタイプの照明(シャンデリアなど)は、張り出した部分を天井に針金などで固定すると良いでしょう。万が一落ちてくると、大きな被害となってしまいます。 事務所や学校などに多いむき出しの蛍光灯の証明は、蛍光灯の両側の外れる部分を断熱性のテープで固定しておくと良いでしょう。蛍光灯を取り替えるとき、少々不便ですが、蛍光灯が破損してしまうと、細かい破片が凶器になります。


窓ガラスの地震対策

 窓ガラスもも割れて散乱してしまいます。ガラスは踏んでしまうと大怪我のもとになりますし、頭から被ってしまうととても危険です。散乱を防止するために、フィルムを貼っておくと安心です。大きなガラス、子供部屋のガラスなどは特に、対策が必要です。














HOME揃えるグッズ防災を考える役立つグッズ 防災最新情報
Copyright(C) 2011 Takaosan.info All Rights Reserved.