防災Navi 忘れた頃に
Welcome, And Thank You For Your map.
Home 揃えるグッズ 防災を考える 役立つグッズ 防災最新情報
防災グッズを点検

家具など家庭内の地震対策が出来上がったら、次に地震が発生し避難するときに必要となる品々が何なのか考えていきましょう。さて、家から避難するときに即座に持ち出せるように、必要なものを非常用の袋に入れておきますが、いったい何が必要なのでしょう。

■これだけは必要だと思われる防災グッズとして
ラジオ、懐中電灯、通帳や印鑑などの貴重品、薬(日常内服している薬があれば、その予備の薬)、ライター、電池(ラジオの交換用)。
衣類、毛布、飲料水、食料品、ティッシュペーパー、ナイフ、タオル、手袋、マジックペン、手袋などですが、その他銀行からおろせない場合がありますから多少の現金も必要でしょう。。

必要最低限のものを列挙しましたが、これだけでもかなりの量になってしまいますね。さらに、小さなお子さんがいる場合はおむつや哺乳瓶などのベビー用品も必要になるでしょう。
そして、建物が倒壊してしまったときのために、笛や防災ずきんなどもあったほうがいいかもしれません。

また、学校の体育館などが避難所で広い場所の場合が多く寒さ対策も必要でしょう。夏場以外はカイロなどの暖房用具を入れておくこともお勧めです。
地震後に情報が入ってこないのは非常に怖いですから、ラジオは防災グッズとしては必需品です。ラジオにランプなどの機能がついていると、より役に立つでしょう。

以上の防災グッズを持ち出しやすい袋に入れて、わかりやすい場所(例えば、玄関など)に入れておきます。間違っても、押入れの奥のほうなどに入れないようにしてください。素早く避難ができなくなってしまいますから。
そして防災グッズの袋の場所を家族に周知徹底しておきましょう。これも地震対策の一つなのです。





防災セットで準備よし





避難所生活を少しでも楽に




HOME揃えるグッズ防災を考える役立つグッズ 防災最新情報
Copyright(C) 2011 Takaosan.info All Rights Reserved.