本文へスキップ

高尾通信は高尾山とその周辺を観光、自然、歴史、文学、伝説、グルメに至るまで徹底的に紹介する高尾山総合案内サイトです



高尾山観光ガイドreal estate

高尾山のみどころ

   高尾山頂の東側にあり、正式には高尾山薬王院有喜寺という。天平16年(744)に、聖武天皇の勅願により、行基が薬師如来を刻み、安置したのが開基とされている。永和年間に、京都醍醐寺の俊源大徳が飯綱大権現を祀り、修験道場として以来、時の武将達の帰依、保護を受け寺は栄えた。

 仁王門は三間一戸の八脚門で、間口が3.62メートル、奥行2.72メートル、一重、屋根寄棟造、銅板葺。江戸前期の建築とされる。運慶作仁王像(八尺)を安置してある。

 仁王門のすぐ正面にあるのが七間四面の薬王院本堂です。「高尾山」の額がすぐ眼に入ります。堂内の中央には護摩壇が設けられており、不動、座像不動(弘法大師作といわれている)が安置され、その各側には本尊の大日如来座像と左右に不動と愛染像が並んでいる。

 薬王院の見どころ・建造物
 薬王院の境内
 薬王院のご利益
 天然記念物
 薬王院のご本尊「飯縄大権現」
 高尾山のパワースポット
 高尾山夜景スポット


高尾山のご利益

 高尾山は、山全体がパワースポットです。高尾山がパワースポットである最大の理由は、修験道の山だということ。山伏修行が随時行われています。

 また、高尾山の天狗は、山伏が深山幽谷に籠もって難行苦行を重ね、やがて高尾山の霊気と融合して、呪力、験力を体得してなったものだと言われています。このように高尾山の天狗伝説は、山伏の姿が天狗と同一視されています。

 天狗は飯縄大権現様の眷属(随身)として、除災開運、災厄消除、招福万来など、衆生救済の利益を施す力を持ち、古来より神通力をもつとされ、多くの天狗伝説や天狗信仰があり、神格化されています。
 また、高尾山と言えば、「浄化」のパワー。代表的なものを揚げると、境内に入る前にある浄心門。そこには「霊気満山」と掲げられています。薬王院は、「薬師如来」「飯縄大権現」「不動明王」が祭られている強力な霊場となっています。

厄除け

 飯綱大権現は、不動明王、歓喜天、迦楼羅天、叱き尼天、弁財天の5相を合体したお姿だと言われています。

 このため、その御利益は幅広く厄除けをはじめ、病気平癒、開運、学業成就、火防、と多岐にわたっています。
 恋愛成就なんてくると本当に何だと思ってしまう私ですが、そこはやはり信じるものは何とやら。

 くだらない邪心はすててお参りすればいいのかもしれませんね。





交通安全

 車に乗っていて最もイヤな出来事は交通事故に遭遇することでしょうね。交通事故は偶然おこるものでは無く、ドライバーや歩行者の心構えによって防げるといいます。交通事故をしない様に願えば、行動もおのずと安全運転に向かうのではないでしょうか。

 高尾山では、クルマは限定されることなく、バイクも工事・業務車両・自転車なども御祈祷してもらうことができるそうです。来山順に御祈祷してもらえるそうですが、FAXでも申し込みができるそうですので、車両が複数ある方は、コチラから申し込むことをおすすめします。

申込用紙PDF :http://www.takaosan.or.jp/pdf/kitouden.pdf

護摩

 仏様の知恵で庶民の煩悩を焼き尽くしていただけるという御護摩供は、毎日9時30分、12時30分、14時、15時30分と4回に渡って行われています。早めに出かけて厳かな気持ちで御護摩により願いを祈願してみてはいかがでしょうか。

 さて、この護摩は、単に木ぎれを燃やしているのではありません。護摩は、そもそもは真言密教の秘法で、人々をより高い精神的境地へ導き、即身成仏にいたる修行法として組織したもので、飯縄大権現の知慧によって、煩悩(苦の源)を焼き尽くし、円満な悟りを体現することを目的にしています。

 護摩修行は、御本尊飯縄大権現の「身・言葉・心」の神秘的な働き(三密)を、われわれの「身・言葉・心」と一致させ、人間の煩悩を表す薪に大導師が点火して、そこに生ずる知慧の浄火で、あらゆる煩悩を焼き清めるためにおこなわれるものなのです。

 護摩の詳しい説明はこちらーー> 護摩

授与品

 厄除け、開運、家内安全、病気平癒、火防、学業等各種のお守り札は400円から。
 その他魔除けのお不動様の剣や瓢箪などもあり、ながめていてもなかなか楽しいなんていうのは、ちょっと不謹慎かな。

高尾山の隠れた名品 薬王院茶

 忘れてはならない隠れた名品(!?)。高尾山麓に自生するサルノコシカケ、どくだみ、いちょうなど薬草や野草を乾燥させお茶として配合したもの。健康指向の現在にマッチしてなかなか好評とか。ちょっと漢方薬のような香りが、やはり効くのかなという気にさせる。