本文へスキップ

天狗の総合研究サイト、天狗参上

全国の天狗

全国の天狗

 実は、天狗の話は、日本全国にあります。実際のところ、有名な大きい霊峰・名山には必ずなんらかの天狗が祀られているようです。このように山と天狗は切っても切れない関係なのです。これらの天狗がそれぞれ何々坊という名を持っていたのは、修験道の山伏の影響なのでしょうか。

 天狗でも大物になると権現や仏菩薩として,その山の護法天狗として祭祀される場合が多いようです。讃岐白峯山の相模坊天狗は,今に相模坊大権現として祀られ多くの信者をあつめていますし,遠州秋葉山の三尺坊は,火防神として祀られ,広く庶民に親しまれています。
 神として信仰の対象となる程の大天狗には、このように名が付いており、江戸時代中期に成ったとされる「天狗経」は、日本全国の有力天狗四十八狗を羅列しました。なお「天狗経」によれば、全国に十二万五千五百の天狗が棲むそうである。その背景には、修験道で天狗を神格化し個々につけた狗名が広く知られるようになったことがあるのではないでしょうか。

日本八天狗

 それでは、日本八大天狗をご紹介しましょう。


愛宕山太郎坊(アタゴヤマタロウボウ) 京都府(愛宕山)

 いざなぎの神を祀る愛宕神社を守護します。三千年前に仏の命によりこの任についたとされ、日本の天狗の代表ともされています。
 愛宕山の天狗は古くから文献に登場しますが,固有名がありませんでした。その歴史は愛宕山太郎坊が「源平盛衰記」(鎌倉初期)の住吉神託宣に出ているのが最初であるとか。『源平盛衰記』の巻8「法皇三井灌頂の事」における後白河法皇と住吉明神の問答の中で,初めて「太郎坊」の名が出てきたようです。
 もっとも『源平盛衰記』の成立年代は不明です。また,久寿2年(1155)の藤原頼長の日記には愛宕山の天狗とあるのみで,20年ほど後の,安元3年(1177)の京都大火は愛宕山の天狗が引き起こしたとして「太郎焼亡」と呼ばれ,当時の検非違使の記録にも火事名「太郎」が記されています。「太平記」にも愛宕山の天狗集会の長老として登場しています。この太郎坊という天狗は「車僧」という能にも出てきて仏法に負けています。
 愛宕山の由来については,江戸時代前期の『愛宕山神道縁起』の中の古縁起,あるいは同時期の『山城名勝志』「白雲寺」の項の縁起では大宝年間(701〜704),役行者と泰澄が清滝から愛宕山に登ろうとした所,地蔵・龍樹・富樓那・毘沙門・愛染の五仏が現れ,さらに大杉の上に天竺の日羅・唐土の善界・日本の太郎坊が九億四万余りの天狗を率いて現れた。二人は朝日峰・大鷲峰・高雄山・龍上山・賀魔蔵山の五岳を置き,調停の許しを得て朝日峰に神廟を立てた。これが愛宕山の始まりとされています。


鞍馬山僧正坊(クラマヤマソウジョウボウ) 京都府(鞍馬山)

 京都府・京都市左京区にある鞍馬山の奥にある僧正が谷に住む天狗で牛若丸(源義経)に剣術を教えたことで知られています。鞍馬山の鞍馬寺の本尊の一つは魔王尊と呼ばれる天狗です。650年前に金星から降り立った金色に輝く永遠の16歳と伝説で伝えられる存在「サナート・クマラ」と関係があるとされています。
 生前は、弘法大師十大弟子の一人真如法親王の高足である壱演権僧正で、呪験でもって知られていました。867年、沖に小船で出て戻らず、そのまま天狗になったといわれる。


比良山治朗坊(ヒラサンジロウボウ) 滋賀県(比良山)

 もともとは比叡山の大天狗であり、太郎坊と並び称される程であったが、伝教大使こと「最澄」たち延暦寺の法力の強い者たちが山へ入ってきたため、比良山に移ったともいわれている。愛宕山太郎坊の弟分ともいわれる。平安後期の『今昔物語』(巻第二十)にも登場。讃岐の国の万能ノ池(まののいけ)の主の竜に襲いかかったり、比良山の僧につかみかかり、比良山の竜のいる洞窟に投げおろしたりと、その乱暴ぶりが紹介されています。


飯綱三郎(イヅナサブロウ) 長野県(飯綱山)

 長野県飯綱山に住む天狗。東日本の代表的な天狗で、知名度や眷属の数は富士山の「富士太郎」を凌ぐとされています。一説には長野県の飯綱山の天狗を「飯綱太郎」、戸隠山のを「飯綱次郎」、宮城県仙台市の飯綱山のを「飯綱三郎」と呼ぶともいわれています。信者には数多くの霊験を施したといわれ、日本全土を襲った凶作の時に「天狗の麦飯」と呼ばれる飯綱山頂の砂――飯砂(いいずな)を日本全土に配り、多くの命を救ったといわれています。
 
飯縄山の修験者は飯縄の法と呼ばれる方術を駆使する事で知られていますが、この飯縄の法とは荼吉尼天法とも称される外法です。これは荼吉尼天の眷属たる管狐その他の霊獣を使役するとされる邪法です。この荼吉尼天と同体とされるのが飯縄権現なのですが、飯縄三郎はこの飯縄権現そのものであると考えられています。飯縄権現は荼吉尼天・不動明王・天狗が習合したものと考えられますが、天狗への信仰は、狐や稲荷信仰に極めて近いものでもある事をうかがうことができるのです。特に、上杉謙信、武田信玄など戦国時代の多くの武将に信仰され、全国に広まったと言われています。
 ちなみに、飯縄権現は火伏せの神としても有名です。信濃飯縄山をはじめ、静岡の秋葉山、武蔵高尾山などに祀られている。
 飯綱(縄)権現は不動明王の化身とされ、その姿は「向背に火焔を負い、嘴(くちばし)口で羽翼をつけ、右手に剣、左手に索(綱)を持ち、白狐に立ち乗る姿」で表わされる。いわば、カラス天狗(≒カルラ天)が白狐の背に乗っているような姿をしている。この原体は、狐に乗った女神のダキニ天だとされています。カラス天狗を乗せる「白狐」を神使として扱ったようです。


相模大山伯耆坊(サガミオオヤマホウキボウ) 神奈川県(相模大山)

 大山阿夫利神社(おおやまあふりじんじゃ) は、神奈川県伊勢原市の大山(別名:雨降山〈あふりやま〉)にある神社です。相模国の式内社十三社の内の一社で、奥社に大天狗、前社に小天狗が祀られていた。これが全国八大天狗に数えられた大山伯耆坊である。
 大山伯耆坊はその名のとおり、もとは鳥取県の伯耆大山に住んでおり、相州大山には相模坊という天狗が住んでいたといわれる。ところが相模大山の相模坊が崇徳上皇の霊を慰めるために四国の白峰に行ってしまったために、その後任として移ってきたのだという。江戸時代の大山詣りの人々が道中で唱える唱文(しょうもん)や富士講行者の唱文にも、大山の「石尊大権現、大天狗、小天狗」の語が挿入されているように富士講の人たちに大変信仰されました。


彦山豊前坊(ヒコザンブゼンボウ) 福岡県(英彦山)

 福岡県と大分県の境にある英彦山(ひこさん)に祀られる天狗で、九州天狗の元締格といわれています。欲深く奢った人に対して天狗を飛ばして鉄槌を下し、心正しく信仰する人には家来の天狗を集め願い事を遂げさせたといいます。天照大神の子「天津日子忍骨命(あまつひこおしほねのみこと)」が天下ったもので役行者がこの山で修行した時それを祝福して出現したとされる。


大峰前鬼(オオミネゼンキ) 奈良県(大峰山)

 前鬼・後鬼(ぜんき・ごき)は、修験道の開祖である役小角が従えていたとされる夫婦の鬼です。前鬼が夫、後鬼が妻です。元は生駒山地に住み、人に災いをなしていたのですが、役小角は、彼らを不動明王の秘法で捕縛したのでした。彼らの5人の子供の末子を鉄釜に隠し、彼らに子供を殺された親の悲しみを訴えたのです。2人は改心し、役小角に従うようになった。義覚(義学)・義玄(義賢)の名はこのとき役小角が与えた名です。彼らが捉えられた山は鬼取山または鬼取嶽と呼ばれ、現在の生駒市鬼取町にある。前鬼は後に天狗となり、日本八大天狗や四十八天狗の一尊である大峰山前鬼坊(那智滝本前鬼坊)になったともされている。役行者に従って夫婦の後鬼とともに山を歩き回り、その身の回りの警護を努めたのでした。


白峰相模坊(シラミネサガミボウ) 香川県(五色台白峰)

 白峰山の相模坊天狗は「保元物語」「雨月物語」「源平盛衰記」など多くの文献に登場しています。相模坊天狗は元々神奈川県の丹沢相模大山に棲んでいました。保元元(1156)年,「保元の乱」に敗れた崇徳上皇が讃岐の松山(坂出市)に配流となりました。
 相模坊天狗は,崇徳上皇が京に帰りたいという願い持ちながら8年後同地で憤死したということを知り,神奈川県から白峰の地に飛び立ち,ひたすら崇徳上皇の霊前につかえて霊をなぐさめた。白峰山の相模坊が天狗界で隠然たる地位を確保したのは、崇徳院が亡くなってから、ひたすら院の霊前につかえ霊を慰め、白峰の霊域を守護し、今も守り続けているからだとされている。

 






 四十八天狗

日本全国の天狗(『天狗経』四十八天狗)をもう少し紹介してみましょうか。

秋葉山三尺坊(アキバヤマサンシャクボウ) 静岡県(秋葉山)
浅間ヶ嶽金平坊(アサマガタケコンペイボウ) 群馬県(浅間山)
愛宕山太郎坊(アタゴヤマタロウボウ) 京都府(愛宕山)
天岩船壇特坊(アマノイワフネダントクボウ) 不明
醫王島光徳坊(イオウガシマコウトクボウ) 鹿児島県(硫黄島)
石槌山法起坊(イシヅチザンホウキボウ) 愛媛県(石槌山)
厳島三鬼坊(イツクシマサンキボウ) 広島県(宮島弥山)
飯綱三郎(イヅナサブロウ) 長野県(飯綱山)
上野妙義坊(ウエノミョウギボウ) 群馬県(妙義山)
越中立山縄垂坊(エッチュウタテヤマジョウスイボウ) 富山県(立山)
大原住吉剣坊(オオハラスミヨシツルギボウ) 鳥取県(伯耆大山剣ヶ峯)
笠置山大僧正(カサギザンダイソウジョウ) 京都府(笠置山)
葛城高天坊(カツラギコウテンボウ) 奈良県(主峰金剛山)
鬼界ヶ島伽藍坊(キカイガシマガランボウ) 鹿児島県(種子島、トカラ列島悪石島周辺)
熊野大峰菊丈坊(クマノオオミネキクジョウボウ) 奈良県(大峯山菊ノ窟)
鞍馬山僧正坊(クラマヤマソウジョウボウ) 京都府(鞍馬山)
黒眷属金比羅坊(クロケンゾクコンピラボウ) 香川県(金比羅山)
高野山高林坊(コウヤサンコウリンボウ) 和歌山県(高野山)
高良山筑後坊(コウラザンチクゴボウ) 福岡県(高良山)
宰府高垣高森坊(サイフタカガキコウリンボウ) 福岡県(竃門山)
紫黄山利休坊(シオウザンリキュウボウ) 茨城県(紫尾山)
白髪山高積坊(シラガヤマコウジョウボウ) 高知県(白髪山)
白峰相模坊(シラミネサガミボウ) 香川県(五色台白峰)
象頭山金剛坊(ゾウズサンコンゴウボウ) 香川県(象頭山)
高雄内供奉(タカオナイグフ) 京都府
都度沖普賢坊(ツドオキフゲンボウ) 島根県(隠岐島)
天満山三万坊(テンマンザンサンマンボウ) 岐阜県
長門普明鬼宿坊(ナガトフミョウキシュクボウ) 山口県
那智滝本前鬼坊(ナチタキモトゼンキボウ) 奈良県、和歌山県
奈良大久杉坂坊(ナラオオヒサスギサカボウ) 不明
日光山東光坊(ニッコウザントウコウボウ) 栃木県(日光山)
新田山佐徳坊(ニッタザンサトクボウ) 群馬県(金山)
如意ヶ嶽薬師坊(ニョイガタケヤクシボウ) 京都府(如意ヶ嶽)
羽黒山金光坊(ハグロザンコンコウボウ) 山形県(羽黒山)
板遠山頓鈍坊(ハンエンザントンドンボウ) 不明
比叡山法性坊(ヒエイザンホウショウボウ) 京都府(比叡山)
肥後阿闍梨(ヒゴアジャリ) 熊本県(金峰山)
彦山豊前坊(ヒコザンブゼンボウ) 福岡県(英彦山)
常陸筑波法印(ヒダチツクバホウイン) 茨城県(筑波山)
日向尾畑新蔵坊(ヒュウガオバタケシンゾウボウ) 宮城県
比良山治朗坊(ヒラサンジロウボウ) 滋賀県(比良山)
富士山陀羅尼坊(フジサンダラニボウ) 静岡県(富士山)
伯耆大仙清光坊(ホウキダイセンセイコウボウ) 鳥取県(伯耆大山)
御嶽山六石坊(ミタケザンロクセキボウ) 長野県(御嶽山)
妙義山日光坊(ミョウギザンニッコウボウ) 群馬県(妙義山)
妙高山足立坊(ミョウコウサンアシタテボウ) 新潟県(妙高山)
横川覚海坊(ヨコカワカクカイボウ) 京都府(比叡山)
吉野皆杉小桜坊(ヨシノミナスギコザクラボウ) 奈良県(吉野山塊)



参考文献
「今昔物語・巻第二十」(竜王為天ぐ被取語第十一):「今昔物語」
「日本古典文学全集24・今昔物語」(3)(小学館)1993年(平成5)
「修験道の本」(学研)1993年(平成5)
「天狗の研究」知切光歳(大陸書房)1975年(昭和50)




このページの先頭へ


天狗参上」は、高尾山総合情報サイト「高尾通信」が運営しています。