本文へスキップ

悲劇の名城 八王子城の歴史〜小田原城開城す 〜  高尾通信



高尾山歴史ガイドreal estate


TOP −> 高尾山歴史ガイド −> 悲劇の名城 八王子城の歴史 −>小田原城開城


八王子城の歴史


小田原城開城

 氏照は、北条内の最強硬派であったようで主戦論者でもあったようです。その氏照の持城である八王子城をいわばみせしめとして徹底的な殺戮戦により小田原の本城の開城、降伏を迫ったものだと考えられます。
 討死にした中山勘解由、狩野一庵の首は僧侶に持たせて小田原城内の子供に届けられたといいます。
                          
 北条氏の支城の中でも中核的存在であった八王子城の落城、四万四千の秀吉軍に包囲されながらも、抵抗し続けていた韮山城の開城は、氏政・氏直にとっても大きな痛手でした。 
 すでにその前に重臣松田憲秀(のりひで)や忍城主成田氏長の内応もあり、小田原城中は動揺していた。
 6月24日韮山城を明け渡した北条氏規は、氏政・氏直父子に降伏をすすめた。秀吉軍に抗するのも、もはやこれまでと、氏政・氏直は降伏を決意したといいます。    

PR
司馬作品に描かれ、歴史の転換の舞台となった日本各地の名城を紹介。司馬遼太郎と城を歩く DVD-...
【送料無料選択可!】司馬遼太郎と城を歩く 第1巻 / 趣味教養

 天正18(1590)年7月5日、北条氏直は弟氏房を伴って小田原城を出て家康の陣に行き、自分は責任を負って切腹するから城中の将兵の命は助けて欲しい、と嘆願した。
 家康はそのまま氏直を滝川雄利のもとへと行かせ、氏直が投降してきたことを秀吉に告げた(『家忠日記追加』)。秀吉は直ちに氏直の降伏を受け入れたのです。

 秀吉はこれを神妙だと感じたされていますが、氏直は家康の娘婿であるという考慮から助命されたともいいます。
 しかし氏政・氏照と重臣の松田憲秀、大道寺政繁には切腹を命じたのでした。氏政・氏照が秀吉との一戦を強硬に主張した主戦派であったことを秀吉は熟知していたし、また、憲秀や政繁は北条氏の重臣でありながら卑劣な行為があり、この二人も主戦派であったことを秀吉は知っていたのです。

 7月5日、これらの処罰を命じた氏直あての秀吉朱印状(小早川文書)に、秀吉はわざわざ自筆で「尚々、是非四人然(しか)るべく候」と書き入れてあり、秀吉の決意のほどが知られる。                     

 小田原城の受けとりは翌六日であった。家康の家臣榊原康政と秀吉の部下脇坂安治・片桐直盛の両名が代表として城内に入った。開城は混乱もなく行われ、七日から九日の間に数万の城兵が城から出て四方に散っていった。 
 氏政・氏照兄弟も九日に城を出て、城下にあった田村安栖(あんせい)の屋敷に入った。 7月11日の夜、氏政・氏照は弟氏規の介錯(かいしゃく)で切腹し果てた。『太閤記』には、その時の時世の歌が記されている。

 天地(あまち)の清き中より    
   生れきて    
     もとのすみかにかへるべらなり 
                      氏照

PR
【送料無料】 平日AM11時まで注文⇒名古屋、翌営業日出荷童友社 ST小田原城
【送料無料】戦国北条氏五代

 明応四(1495)年初代北条早雲が小田原城を襲い、大森藤頼を追ってから五代、およそ百年にわたり、小田原を中心に関東に君臨した戦国大名小田原北条氏は終焉の時を迎えたのである。
 それは豊臣の全国制覇を意味し、切腹の数十日後徳川家康が江戸入りし、ここに新しい時代が始まるわけです   

 江戸時代に八王子城は廃城となり徳川家の直轄地になりました。そのため現在でも城の遺構がよく保存され多くの遺物が発掘されています。
 近年、国の史跡として整備されており御主殿や遊歩道、橋が復元され戦国時代の城を忍ばせます。  




高尾山の歴史
小仏関所の歴史
八王子の歴史(大石氏)
八王子城の歴史
八王子千人同心