本文へスキップ

毎年この季節が近づいてくると憂鬱になるあなたのために花粉症を徹底研究。対策を一挙にご紹介します

バナジウムで花粉症対策


 

 富士山の地下水に金属元素バナジウムが含まれているとして、それを売り物にするミネラルウォーターがいろいろ発売されています。
 バナジウムは血糖値を下げる作用があり糖尿病に有効とされています。また体脂肪・花粉症・便秘などにもいいとされています。 

 人体の生命維持に不可欠な栄養素として、蛋白質、脂肪、ビタミン、炭水化物、ミネラル(無機質)があり、これらは五大栄養といわれます。特に最近、ミネラルの重要性が問われるようになりました。
 そして、人体には約70種類以上のミネラル成分が存在しその中でも必要なミネラルが16種あると言われます。鉄、亜鉛、銅、マンガン、カルシウム、クロム、リン、セレン、モリブデン、フッ素、ニッケル、そしてバナジウム等で、病気の発症や予防、治療に大きく影響を及ぼすミネラルです。

 これらのミネラルは、栄養素の取り込み、体内酵素の生成、新陳代謝機能の促進など、と生体を維持する為には無くては成らない微量成分です。
 そもそもバナジウムは地表に広く分布する微量金属元素で、植物や動物のからだにナノグラム単位(1グラムの10億分の1)で存在すると考えられています。これらの微量ミネラルは、人体内で占める割合が極微少量でも生理や生体機能に欠くことの出来ない大切な元素と言えます。
 海水中のバナジウム濃度は1ml中に2〜35ナノグラムときわめて低いのですが、1911年ドイツの研究者ヘンツェがナポリ(イタリア)の臨海試験所で『ホヤ』の中にこのバナジウムが高濃度に貯蔵されていることを発見しました。

 2004年、ミネラルウオーター(バナジウム水)を飲むと、糖尿病が予防できる。こんな研究成果が発表され、話題になっているのです。
 研究を行ったのは、中村学園大学のグループ。健康な若い女性20人に、動物性の脂肪が多い食事(高飽和脂肪酸食)を8日間食べてもらった。高飽和脂肪酸は血糖値や血中インスリン値を増やし、血液をドロドロにして糖尿病を招く“悪玉”の脂肪として知られている。

 一緒にバナジウム水を飲むと、バナジウムを含まない水を飲む場合に比べ、血中インスリン値が4分の3に抑えられた。バナジウムがインスリンの感度を高め、血液をサラサラに保ったと考えられる。
 摂取したバナジウムの量は、1日あたりわずか80μg(0.08mg)というのです。実はこのバナジウム、糖尿病を改善する効果は従来から注目されており、糖尿病を治療する薬としても期待されている。
 ただし治療効果が確認できた投与量は、1日あたり数十mg。これに対し、予防であれば、この数百分の1の量で効果を期待できる可能性があるというわけだ。 一方、血糖値が高めの人を対象とした東京医科大学薬理学の渡辺泰雄助教授らの研究でも、バナジウムを1リットルあたり約65μg含む飲料水を飲んでいると、2カ月ほどで血糖値が下がって安定してくることが示されている。

 このバナジュウムを効率良く摂取することが花粉症対策にも効果的というのです。





ためしてみよう花粉症対策