本文へスキップ

毎年この季節が近づいてくると憂鬱になるあなたのために花粉症を徹底研究。対策を一挙にご紹介します

凍頂烏龍茶で花粉症対策


 TV各局で話題沸騰”某有名歌手が言っていた花粉症が治ったお茶!!”堅く締まった球状の茶葉が湯の中で開くと、蒼々とした緑色によみがえります。
 お茶は黄金色で、蘭のような芳しい香りと、まろやかなコクのある味わいです。

 発掘あるある大辞典では、この凍頂烏龍茶に含まれるメチル化カテキンが花粉症の症状を押さえる効果があると放送されました。

 凍頂烏龍茶は、台湾の代表的な烏龍茶です。南投県鹿谷郷の東に連なる山並に位置する凍頂山を産地とする烏龍茶で、その起源は清代にさかのぼると言われています。
 凍頂山の由来はその名の通り、頂上が凍りつくくらい高いという意味なのですが、その温暖差のある気候はとても烏龍茶の茶樹の生育に適しています。

 凍頂烏龍茶とはこの凍頂山で採れた茶葉で作られた烏龍茶のことだけを指します。烏龍茶として広く知られている鉄観音や黄金桂とは違い、青心烏龍という稀少な品種が使われています。
 堅く締まった球状の茶葉が湯の中で開くと、蒼々とした緑色によみがえります。
 お茶は黄金色で、蘭のような芳しい香りと、まろやかなコクのある味わいがあります。飲んだあとにのどの奥の方にほのかに甘い風味が残る上品な烏龍茶です。
 いまでは、台湾各地に「高山茶」と呼ばれるお茶が存在しますが、ほとんどのお茶が、この凍頂烏龍茶をお手本にして作られたといっても過言ではない、いわゆる台湾烏龍茶の元祖的存在のお茶なのです。

 ウーロン茶は半発酵という製法がとられます。これはポリフェノールを酸化させる作業です。
 この工程によって凍頂ウーロン茶は他のお茶にはない効果を発揮する、ウーロン茶重合ポリフェノールを生み出します。
 発酵度は20%〜30%程度の半発酵茶で、比較的大きな茶葉を白い布に包み何度も揉む作業(揉捻:じゅうねん)をくり返し、半球型に仕上げられた特徴のあるお茶です。
 そして何より、味と香りのマッチングのすばらしいお茶として仕上がっています。 

 お茶の葉に含まれるポリフェノールは、半発酵という工程を経ることによってウーロン茶ポリフェノールに変化します。
 実は、このウーロン茶ポリフェノールが総合的に作用して、さまざまな健康効能をもたらしているのだといわれています。

 さて、この凍頂烏龍茶の抗アレルギー成分ですが、2種類のカテキンが検出されたそうです。それは3-O-methylgalloly-epigallocatechin(C-1)と4-O-methylgalloly-epigallocatechin(C-2)で、抗アレルギー作用が報告されている茶カテキンのエピガロカテキンガレート(EGCG)に比較してより高い抑制作用があるとされているそうです。

 コラーゲンを破壊するものとして、最近注目されているのが「活性酸素」。活性酸素の害は、ビタミンCを減少させ肌に老化をもたらすのだといわれています。この活性酸素の害に効果を示すのが、凍頂烏龍茶にも含まれているウーロン茶ポリフェノールです。

 お茶にはそれぞれ特徴がありますので、それを良く知っておくことが大事です。いい凍頂烏龍茶の品質の見分け方ですが、まず、茶葉の大きさが大事です。茶葉が大きいということは、茶葉がよく育っている証拠であり、養分がたくさん含まれているため、味わいがいい凍頂烏龍茶になります。

 烏龍茶の良い茶葉は一枚の葉となって広がるのです。この時に葉の形がきれいに残っている物が丁寧に手で摘まれた茶葉という証拠です。
 凍頂烏龍茶を購入される際は、ぜひ、この茶葉の大きさに注目して、品質を判断してください。 

凍頂烏龍茶のおいしい飲み方

 中国茶の専用の茶器があれば一番良いのですが、なければ急須でも結構です。急須を温めて、茶さじ一杯(約6グラ ム)を入れ、沸かしたてのできるだけ100度に近いお湯を高い位置 から一気に注ぎます。(渋みが気 になる方は、一杯目はお湯を注 いだらさっと捨ててください。)

 一煎目は1〜2分、二煎目は2〜3分、と1分ずつお茶を蒸らす時間 を増やしてください。三煎から四煎まで楽しめます。
 急須のお茶は、かならず一適も残さず注いで下さい。二煎目からの味わいが大きく違ってきます。

 ぜひ、いま話題の中国茶をご家庭で気軽にお楽しみください!




ためしてみよう花粉症対策