本文へスキップ

八王子千人同心 駆け抜けた誠の武士魂

千人同心の生き様



武田氏、北条氏の滅亡

 「八王子千人同心」の根源は、甲斐の国にあります。
 当時の甲斐の国は武田家の治世下にあり、この武田家の中に、小人頭と呼ばれる役職がありました。九人の小人頭が各三十人ずつの小人・中間を預かり、武田信玄の居館であるつつじヶ崎館を交代で警備に当たっていたのでした。
 また、山国である甲斐は、武蔵・信濃・駿河・相模と接しているため、その国境には九つの「境口」と呼ばれる監視拠点が設けられており、ここで監視する役目も担っていたのでした。

 しかしながら、武田信玄の死により跡を継いだ武田勝頼は、三河まで進出したものの織田信長との天正3年(1575)長篠の戦いで大敗北を喫し、その後は次第に後退し、ついに天正10年(1582)姉婿である木曽義昌の離反に端を発して織田軍の侵攻を受け、3月11日天目山下の田野にて夫人、嫡男信勝等と共に自刃し、ここに甲斐武田氏は滅亡しました。

 天正18(1590)年、遂に豊臣秀吉は小田原征伐を開始、八王子城は6月23日、前田利家・上杉景勝を主力とする北国勢によってわずか1日にして落城したと伝わります。
 これを受けて「小田原城」も開城し後北条氏が滅びたのでした。
 
 なお、「八王子」という地名の由来は戦国時代に相模国(神奈川県)を中心として関東地方に勢力を持った北条氏(後北条氏)が深沢山(八王子市元八王子町)に城郭を築いた際、山麓に仏教の守護神・牛頭天王(ごずてんのう)の八人の王子を祀った八王子権現(八王子神社)があったことから北条氏はこれを城の鎮守とし、「八王子城」と名付けたことに始まると伝えられています。


家康の台頭と地盤固め

 国を統一した豊臣秀吉の支配下にあって、家康の所領は大きく変化し、関東八州を与えられ、従来の三河から江戸に移封されるのでした。
 さて、江戸に新たに城を築き、関東の領主となった徳川家康は、まずは、領内の治安を保つ必要が生じました。
 そこで、考えたのが甲斐武田氏の遺臣を集めて小人頭とその配下を、甲斐と武蔵の国境警備、治安維持、及び甲州道の警備のため、八王子へ配置することでした。

 旧武田の家臣たちにとっても、武田滅亡の中で、優秀な武術を持ちながら路頭に迷う者もいたわけで、それをうまい具合に取り込み再活用したのが、徳川家康といえるでしょう。
 家康といえば、元亀3年(1572)、武田軍との「三方ヶ原の戦い」で惨敗を喫していますが、この時家康自身は自刃を覚悟したというほどに生涯の中で最も不覚な戦いであったと述懐しているほどに武田軍団の強靭さ、結束力の強さは、痛感していました。
 また、武田軍団は先祖伝来甲斐国とその周辺の地理を熟知しているわけで、敵に回せば恐ろしい軍団である反面、支配下に取り込めばこれほど力強い軍団はなかったはずでした。

 江戸時代に書かれた地誌『桑都日記』の天正18年7月の記述には、「甲州の小人頭を八王子郷に移し、甲州口の保障となす」 とあるのが認められます。
 また同書には、「この年6月23日、城陥りし後、土地未だ静謐ならざるなり。ここにおいて小人頭及び小人をこの地に移し、以て警備をなす」との記載があります。
 
 また、発足当時の状況について、徳川幕府の正史『徳川実紀』にはこう書かれています。
「(家康公は)江戸で長柄の槍を持つ中間を武州八王子で新規に五百人ばかり採用され、甲州の下級武士を首領とした。その理由は、八王子は武蔵と甲斐の境界なので、有事の際には小仏峠方面を守備させようとお考えになったからである。同心どもは常々甲斐国の郡内へ往復して、絹や綿の類を始めとして甲斐の産物の行商を行い、江戸で売り歩くことを平常時の仕事にするようになされたのだ。」(現代語訳)

 確かにその頃は、まだ、家康の地盤は確固たるものとは言えず、武田や北条の残党は八王子周辺にかなり散在していたはずです。
 こういった残党の動きを封じ、あるいは根絶やし、さらには万一、甲州街道を使って敵が攻め寄せた場合、江戸からの援軍が到着するまでの間、武蔵と相模の国境にある小仏峠にて、防衛線を築くことからも、かつて武田軍団にて境口の道筋奉行として活躍した九人の小人頭と小人・中間たちの軍事力及び経験は、家康にとり、これほど頼りになるものは他にはなかったかもしれません。

 また、慎重な家康のことですから、江戸城を築城するにあたっても、万一の落城の場合も考えていたようです。
 江戸城の甲州街道の端緒の「半蔵門」を搦め手門として、万一攻められ江戸城が陥落した場合は、この半蔵門より甲州街道を一気にひた走り、八王子から甲府へ落ち延びて再起を図る事も想定していたようです。
 落ち延びようとする際、その経路において残党狩りにあったのではたまりません。甲州街道、特に、要所となる八王子地区を絶対安全な地としておく必要があったとも考えられています。

 なお、研究者の間では、武田遺臣団をかかえた理由には、単に警備強化といった目的以外に、武田家の金山採掘や当時抜きんでた治山治水の手法を得ようとしたともくろんでいたとも言われています。


千人同心誕生

 さて、千人同心の組織化には、大事な立役者がいます。

 天正19年(1591)に家康から関東地方一帯の支配を一任されていた関東代官頭・大久保長安が八王子を所領として与えられますが、これがその人です。

 慶長5年(1600)に家康が「関ヶ原の戦い」で覇権を確立すると、大久保長安は家康に甲斐国境に当る甲州口の重要性を説き始めました。
 そして、警備強化と治安維持のため武田旧家臣で組成されていた八王子衆に、八王子周辺の有力農民や浪人500名を加え、100人(千人頭1名、組頭10名、平同心89名)の10組、合計1000人の大部隊を組成するのでした。
 ここに至り、八王子衆は「八王子千人同心」と呼ばれる幕臣として正式に江戸幕府の職制下に組み込まれたのでした。
 そうです、「千人同心」の「千人」の名の由来はここにあり、この時点で、八王子千人同心が正式に発足したわけです。

 文化13年(1816)に書かれた『千人組手控古来之訳記』に、「天正19年(1591)卯春、本多佐渡守殿(本多正信)御取次にて、お頭ならびに同心五百人召し出され候」 とあることからも読み取れます。
 また、同書には、「その後、慶長4年(1599)亥春、大久保石見守殿(長安)おおせつけられ、在々所々にまかりあり候、諸家窮人五百人召し出し、都合千人に遊ばされ、御軍役おおせつけられ候」 ともあります。
 ところでこの千人という数ですが、当時五万石の大名が負担すべき軍役は非戦闘員である小荷駄隊なども含めて千余名とされていますので、文字通り千名が所属する八王子千人同心はこれに匹敵する戦闘力を有する実戦部隊であったと思われます。

 多摩地域は徳川家康が特別な思いを持った地域であると考えられています。というのも三河国に生まれた家康は土を愛しそして農業を愛し、農村共同体の協同精神を重んじたからであり、だからこそこの地域は、幕府直轄地「天領」となっているのです。

 ところで、千人同心の「同心」という言葉は、もともとは「同じ心」、「一致団結」して事に進むことを意味しており、これから転じて戦国時代において武将の配下で奉公や軍役を一致団結して行う下級武士を「同心」と呼ぶようになったようです。
 時代劇でもお馴染みの「同心」は町奉行所等に属する下級役人の総称となり、江戸幕府職制下では御家人と呼ばれる幕臣も同心に分類されていました。

しかしながら、「千人同心」の地位は幕府内でもかなり微妙な立ち位置であったようです。
 組織的には、十組・各百人で編成され、各組には千人同心組頭が置かれ、旗本身分の八王子千人頭によって統率され、槍奉行の支配を受けました。
 千人頭は200から500石取りの旗本として遇され、組頭は御家人として遇され、禄高は10俵1人扶持から30俵1人扶持です。
 このように確かに千人頭は家格、禄高から言っても「旗本」(将軍の直臣で1万石未満の者)といえるものでした。
 ところが同心は将軍の直臣であっても城内ではどうやら旗本の部屋に入ることができなかったとの記録もあるようで、将軍への謁見も許されていなかったようです。

 その下の組頭や平同心たちも姓を名乗れたこともあり、農民からは武士と見られていながら、上級武士からは農民とみられてしまうような、何とも中途半端な存在で、同心自身もその立ち振る舞いに戸惑いがあったことは想像に難くありません。

 また、江戸時代は、全国の大名領や徳川氏の天領においても、兵農分離が原則でしたが、千人同心は、少なくとも平同心については兵農一体といった部分もあり、それ自体が珍しい制度でありました。
 それでも千人同心は武士として自らの存在に誇りを持ち、日々精進に努めたのでした。
 日常的には、農民同様にせっせと働き、いざ事があるや忠誠と誇りを持って駆けつける、そのために日々の稽古も怠らないとする八王子千人同心のその姿は、鎌倉武士、御家人にもイメージが被ってくるようなある意味最も武士の原型に近い形だったのかもしれません。



Information