本文へスキップ

八王子千人同心 駆け抜けた誠の武士魂

千人同心の生き様



千人同心の生活

 『新編武蔵風土記稿』には「千人町へ入ることわずかにして追分あり、右は久保宿左は即ち甲州街道にして、千人町の通りなり、中ほどより北へ折れ、三町ばかりの横町あり、縦横すべて千人頭及び組に属するもの門戸をならべて許多あり」とあります。
 現在、JR中央線西八王子駅北側に「千人町」という町名がありますが、千人頭10人と組頭クラスの同心約100人はここ千人町に屋敷を与えられ住みました。
しかし、他のほとんどの同心は八王子やその周辺の村に住み、農耕にも従事していました。

 幕末の嘉永7年(1854)、組頭・二宮光鄰が作成した「番組合之縮図」によると、当時の同心在住村は、東は三鷹市、川崎市登戸、南は相模原市、西は津久井郡、北は飯能市と広域にわたっていたことがうかがえます。

 ところで千人頭10人は幕府・槍奉行配下の旗本身分で200石〜500石の知行地を与えられていました。また、組頭と同心は切米・扶持米を支給される御家人の身分でした。
 
 一方、組屋敷に住む90人ほどの同心を除いて、平同心はというと半農・半士の生活を営んでおり、平常時は百姓そのものです。

 また、本来、旗本御家人には副業を認められていませんが、ある意味、千人同心は、半農・半士、二足の草鞋(わらじ)をはいていたという見方もできます。

 また、千人同心に対し家康は甲州絹の売買権を与えたとの記録もあることから、この特権を利用して、財をなす者がいても不思議ではありません。

 しかし、こんな中途半端な立ち位置では、時が流れると財を成す者がいる一方で没落するものも続出します。

 確かに日光勤番を行えば幕府からの給金・特別手当も出ましたが、それだけではとても足りず借金に借金を重ねて生活に困窮する者もでました。
 
 幕末のころになると、同心たちの生活は極めて貧しいものとなっていきました。幕末の侍たちがそうであったように商人から多額の借金さえ抱える同心たちも多かったようです。

 また、同心の世襲は認められていたものの財産分与などには制限があったため次男坊・三男坊は、食い扶持探しに苦労した者も多かったようです。
 よく時代劇などで旗本の三男坊が、金を使いたい放題、やりたい放題の生活をする場面が出てきますが、千人同心に限っては、そんな生活は無理、貧乏な生活でした。



日光勤番

 日本を代表する世界遺産「日光の社寺」。その中でももっとも有名な「日光東照宮」は徳川家康がまつられた神社で、現在の社殿群は、そのほとんどが寛永13年3代将軍家光による「寛永の大造替」で建て替えられたものです。

 境内には国宝8棟、重要文化財34棟を含む55棟の建造物が並び、その豪華絢爛な美しさは圧巻です。
 全国各地から集められた名工により、建物には漆や極彩色がほどこされ、柱などには数多くの彫刻が飾られています。

 しかし、雷や火事、暴風雨などの災害から、この建物群を200年以上にわたって大切に守ってきた人々がいたからこそ、世界に誇る日本の文化財となったことを忘れてはいけません。そして東照宮を守ってきたのは、八王子千人同心でした。

 慶長20年(1615)豊臣家が滅び名実共に徳川家の世になり、戦が無くなり「千人同心」の存在意義が薄れる中、新たに慶安5年(1652)6月、「千人同心」に日光勤番が命ぜられました。

 当初は100名、50日交替で火の番をしていたが、その後、寛文12年(1672)1月から一旦総勢50名に減員されました。その後、貞享元年(1684)12月に大延焼が発生し再び100名体制に戻されたのでした。

 しかしながら、寛政3年(1791)松平定信の「寛政の改革」により、千人同心の体制が900名に減となり、日光勤番も50名体制・半年在番となりました。(6月・12月に交代)以後、慶応4年(1868)4月まで217年間、1030回の日光勤番を行うことになります。

 それでは、どのようにして勤番が行われたかということですが、実は様々な詳細にわたる記録が残されており当時の状況をうかがい知ることができます。

 まず、勤番に際しては、千人頭は、出発の半月前までに槍奉行に当番となる同心の名簿を提出したうえ江戸で老中と面会して「朱印」と「伝馬証文」を受け取ることになります。

 受け取るや否や、千人頭は八王子へ速やかに立ち戻り当番の同心に今回の勤番公務についての諸注意をあたえるのでした。

 出立の日は、隊列を組んでの八王子を出発し、日光へと急ぐのでした。
 そのルートは日光脇往還と呼ばれる道で、行きは八王子→坂戸(泊)→栃木・佐野(泊)→栃木・鹿沼(泊)→日光 そして帰りは、日光→合戦場(泊)→行田(泊)→入間(泊)→八王子といったものでした。この道は現在の国道407号で、別名日光街道、あるいは鎌倉街道とよばれているものです。
 距離はというと、八王子から日光までの行程は39里30町といわれ、このため3泊4日で現地に到着します。

 しかしながら、幕府の御用金が貧弱でしたから、移動に対しては、10頭程度の馬しか提供できなかったといわれ、これだけでは、半年間の50名の生活資材を運ぶなんてことはとてもではないが不可能、結局、千人同心たちは自腹で不足する人馬を雇ったといわれています。

 また、勤番期間中の給金も決して満足したものではなかったようです。記録によれば、勤番になると、同心1人につき、三人扶持の役料が与えられました。しかしながら、いつの世も同じ、単身赴任では出費がかさんでしまい、役料だけではとてもではないが生活費が足りなかったと思われます。

 もともとの計画であれば10年で1回の輪番で、半年という期間であったはずですが、これも計画通りいかなかったようです。そのため期間が延びたりもしました。
 千人同心の生活拠点では農業に携わっているわけでしたから、勤番が伸びれば農作業の予定が狂うということでこの任務も嫌われるようになりました。
 
 ただし、日光勤番は、徳川家康の霊廟を守るという大役、幕府の御家人なので、日光へ向かう道中で大名行列とかち合ったとき、大名のほうが道を譲るという特権をもっていたようです。
 そんなことが本当かと疑いたくなりますが、加賀藩や館林藩の大名行列が千人同心と街道でかち合った際、千人同心たちが先にまかり通ったという記録が残っているようです。

 さて日光に着いた千人同心たちは日光の宿に入り、翌朝から火事羽織を身に着けて御役宅へ出勤することになります。
 この際、火事道具目録や日記帳を受け取り、在勤の千人頭へ交代の挨拶をすませて火消小屋へ入り、いよいよ半年間の火の番がはじまるのです。

 平日の見回りは、朝四ッ時と八ッ時の2回おこなうことになっているようです。
 千人頭が組頭1名と同心4名を連れ、あらかじめ決められた道を巡回していきます。
 また、東照宮や輪王寺の境内だけでなく、日光宿も同心たちが火の用心に見回ったのでした。

 こうした八王子千人同心たちの働きが200年以上続いたことで、私たちは今でも世界遺産に登録されたすばらしい日光東照宮の建物を目にすることができるわけです(感謝)。



日光東照宮を戦火から守る

 東照宮が存亡の危機に見舞われたことがあります。

 慶応4年(1868)流山で単身降服した近藤勇と袂を分かった土方歳三率いる新選組残党は、幕府のなかで恭順が飲めない旗本たち、江戸城明け渡し等に不満を持つ幕臣とともに北へ向かいます。

 下総国市川に集結、2000の大部隊を結成して北関東を転戦しながら北走し、やがて日光へ入り込んだのでした。

 江戸を脱した徳川軍の隊長は幕府歩兵奉行・大鳥圭介です。土方歳三は実戦経験を買われてその副長となるのでした。
 一度は宇都宮城を落とした幕府勢も、新政府軍の兵力に押されて宇都宮を放棄、浮き足だった兵たちは今市で軍勢を立て直すはずでしたが、東照宮に参詣し、東照大権現(徳川家の始祖家康)に加護を祈ろうとしたのだともいわれています。

 当然、板垣退助も新政府軍も精鋭を率いてこれを追撃し、日光東照宮の宮司らに対し「脱走軍を日光から撤退させなければ総攻撃を仕掛ける」と脅したのです。

 このとき、宇都宮城での攻防戦で足を負傷して日光に隣接する今市宿に滞在していた土方歳三は、中島登を日光へ使いに遣って千人同心で幼なじみの土方勇太郎を日光から呼び寄せて久々の対面を果たしています。
 その際、土方は、「味方を鼓舞するために怖気づいて逃げ出そうとした兵士一人を斬ったが、不憫なので弔って欲しい」と頼んだという逸話も残っています。

 このときの千人頭は石坂弥次右衛門でした。
 日光勤番の千人頭・萩原頼母が3月15日に急死したため、代番に千人頭・石坂弥次右衛門が決定し3月28日に日光に着任したばかりだったのです。

 新政府軍を間近に迎え、「武士の本懐を貫き、一戦まみえる」と主張する井上松五郎に対し、石坂弥次右衛門は、「死ぬことは簡単なり、生きることこそ苦行。敢えて苦行を進む者がなくば、大義のもののふを語り継ぐ者はいなくなる。そして蛮勇のために東照宮を兵火で失うことがあらば、それこそ徳川将軍に対する不忠に候ものなり」と根気よく説き伏せるのでした。

 ようやく井上の説き伏せたその時、土方勇太郎が「徳川勢は会津へ転進する」ことを知らせてきたのでした。
 
 大鳥軍が日光を脱出したのが四月二十九日。
 その翌日閏四月一日の午前十時頃には、土佐藩隊は神橋の辺りに集結しました。
 その土佐藩隊を出迎えたのは、日光奉行所吟味役大塚誠太夫、塚田東作らでその中には八王子千人隊の頭・石坂弥次右衛門もいました。

 何というめぐりあわせか、約2ヶ月前に八王子で出迎えた板垣退助と再び石坂弥次右衛門が顔をまみえることになるのです。

 東照宮は徳川家臣にとっては、まさに心の支えですので、板垣退助はこれを接収することで精神的支柱を奪うつもりだったのでした。
 このことは千人同心たちにとっても耐え難い苦痛でした。しかし石坂弥次右衛門は同心たちを説き伏せて、新政府軍に東照宮を明け渡すことを決断したのでした。

 こうして千人同心は一致団結し、東照宮明け渡しの儀を簡素に執り行ったのでした。
 土佐藩隊の軍監谷守部は、後年、この時の様子を「日光同心、恭しく出て迎う。且つ先に八王子にて面会せる千人頭等来迎、賊徒(大鳥軍)押し切り、やむを得ず只今に至る。申訳蝶々聴くに堪えず」(『東征私記』)と勝者の感想を述べています。
 「先に八王子にて面会せる千人頭」とは八王子千人隊の頭である石坂弥次右衛門のことです。

 このようにして日光を火にかけることなく引き渡し、16年続いた日光火の番は終わりになります。

 弥次右衛門は閏4月10日八王子に帰着しますが、彼らを待っていたのは、中傷誹謗と非難の声でした。
 徳川家の聖域をむざむざ明け渡した態度に、千人頭たちも責めたてるしかなかったのです。その心情も痛いほど理解している石坂弥次右衛門はその非難にも一切の反論をしなかったといわれています。

 すると石坂弥次右衛門は、家族を集めると、日光で何が起こったのか、ことのすべて語るのでした。
 「千人頭としてはけじめをつけねば収まりがつかぬ。本日役宅にて頭たちが儂を責めたのも道理。然るに誰かが責めを負わねば、このことが大きな綻びになりかねない」

 そう言って幾つかの家訓を言い含めると、白装束に着替えて、腹を斬って果てたのでした。
 結局彼は、何の抗弁もすることなくその責を負う形で切腹して60歳の生涯を閉じてしまうのです。

 この切腹には更なる悲劇が連なります。この時、剣術に熟達した長男は留守で、80歳になる実父である石坂徳誼が介錯したのですが、老齢のためにすんなりと首が落とせず、弥次右衛門は、 明け方までうめき苦しんで息を引きとったと伝えられます。




Information