本文へスキップ

八王子千人同心 駆け抜けた誠の武士魂

千人同心の生き様



蝦夷地開拓

 千人同心は伝統と誇りのある組織でしたが、平同心たちは武士と農民の間の地位に不満がありました。
 商売がうまくいってそれなりに富めている者もあれば、勤番などの出費がかさんで借金まみれになるもの、借金が返せずに同心株を売り払うものも出る始末です。 
 このままでは、千人同心自体が崩壊する。いわば、千人同心の雇用対策が待ったなしとなっている状況でした。

 そんな頃、元文4年(1739年)、ロシア船が測量のために日本近海に現れ、日本との接触が始まりました。ロシアは積極的に南下し千島列島もロシア領になっていきました。
 このような状況下、なんとしてでも、蝦夷地の確保が急務となってきました。

 幕府は津軽・南部両藩に蝦夷地の警備を命ずることになりますネモロ・クナシリ・エトロフに勤番所を設け、警備にあたる体制をとりました。
 派遣の藩士は毎年500名。さすがにそれほど裕福ではない両藩にとっては、これは大きな負担だったと思われます。
 徳川幕府は非力な松前藩から東蝦夷地一体の領地を召し上げ幕府直轄領としたのでした。

 これらの状況を考えて、千人同心の原半左衛門は、同心の二、三男らをひきつれて蝦夷地の開拓と警備にあたりたいと幕府に集団移住を願い出るのでした。

 寛政11年(1799年)に、事態の打開を図るため、幕府の老中松平定信は、かねてより願いを出されていた蝦夷地の開拓と警備とを、千人同心に命じることにしました。

 寛政12年(1800)3月20日、21日の2日間にわかれ、八王子から組頭原半左衛門を隊長に弟新介を副士として同心子弟100人を伴って蝦夷地に入りました。
 半左衛門は50人を引き連れて白糠へ、新介は勇払に入り、警備、開墾などに従事しました。
 さらに千人同心の河西祐助は原隊とは別に幕吏の見習いとして妻子を連れて勇払に入りました 
白糠と勇払は、蝦夷地の中にあってはどちらも太平洋岸と日本海・オホーツクを結ぶ交通の要所です。交通の要所の警備と開拓。これが八王子同心にあたえられた第一の使命でした。

 しかし、蝦夷地開拓といっても、実は、雇用対策の面もあったので同心たちの子弟、厄介人たちで構成されていました。
 同心隊は粗末な小屋を建て、防備と開墾に精を出し、後の屯田兵の先駆けともいえる存在だったのでしょう。

 千人同心は、道路開削なども手がけましたが、移住した同心たちは、慣れない土地での農作業は、苛酷な自然環境などで不毛の原野の開拓は思うように進みませんでした。

 同心たちは、これまでの八王子・多摩の暮らしから農業自体には慣れていたのでしょうが、そこは蝦夷地のこと、荒涼とした原野と、厳冬の生活は、それは彼らの想像を絶する厳しさであったのでしょう。そもそも寒冷地農業はまったくの未経験ということなのですから。

 それにしても蝦夷地がいかなる場所であったのかという現地情報が圧倒的に少なく、寒冷地対策が十分ではなかったこと、満足な食糧もないなかで栄養失調になるものが続出するのでした。

 1年目にして浮腫病、壊血病などで死者・帰国者が 相次ぎ、苫小牧市史によると勇払隊65人のうち16人が2年間で客死したと記録されています。

 享和元年(1801)移住第二陣が八王子を出発しますが、こんな有様を聞いていたのか人数は半分にも満たない30人であったといわれています。

 そして入植4年目1804(文化元)年にして蝦夷地開拓は断念され、同心たちは函館などに烏合離散することになります。

 なお、弟新助の勇払隊は地味の乏しい勇払の地での開拓を早々にあきらめ、主力を鵡川に移し『鵡川畑作場』を営んだとの記録があり、ここではある程度の収穫があったとされていますが、さすがにそれでもひと冬を乗り切るのに十分とは言えない収穫量だったようで、数年後には鵡川の地も引き払うことになります。

 結局、移住隊総計130人の蝦夷地での死者総数は33人にも上ったそうです。

 失敗の原因は、千人同心だけでなく幕府にもあります。
 幕府の蝦夷地政策は一貫性に乏しく、紆余曲折します。

 また、移住隊は妻子を連れてくるものもありましたが、多くは独身でした。
 半左衛門は彼らのために新潟から女性を連れてくるよう幕府に懇願しますが、これは認められなかったようです。
 ましてや現地のアイヌ女性も当然認められません。幕府の形だけのバックアップではプロジェクトがうまく進まないのは、現代を見ても想像に難くありません。




蝦夷地七重移住

 幕府は200年あまりもの間、鎖国を続けていましたが、安政元年(1854)、アメリカとの間に日米和親条約を結び、開国の第一歩をふみ出しました。

 これにより、箱館・下田の二つの港が開かれ、外国船が来航するようになりました。
 幕府は、このあわただしい状況にそなえ、安政2年に、蝶夷島を松前小藩に支配させてはおけないとして再び幕府の直轄として箱館奉行所を置きました。

 蝦夷地を管理する為に箱館奉行所を設置し、あわせて内地からの移住の奨励と蝦夷地の開拓の指導に重点を置きました。

 この時の箱館奉行は開墾興産を重んずる拓殖方針を打ち出し、開拓者誘致の方策と御手作場と称する半官半民経営の営農方式を実行するとともに勧農係を設け農事指導をも行っていました。

 この頃、幕府は蝦夷地の開拓と警備にあたらせるため、志願者を募っていました。そして開拓者誘致の方策として、安政2年(1855)幕府は旗本500石以下の者に蝶夷地在住、妻子同伴を許したのです。

 これにより、翌安政3年(1856)と安政5年(1858)の2回にわたって八王子千人同心計40名が七重に移住したのです。
 八王子千人同心といえば幕府から禄を貰い、用務のほかは在郷にあって百姓の仕事もしていたので、開拓と警備にはまさに即戦力の人達といえるでしょう。

 まずは秋山幸太郎をはじめとする15名が七重村に入植します。後に七飯町の町名由来のひとつとなる飯田甚兵衛もこの頃に移住してきました。
 
 七重に着いた一行は、幕府が経営していた七重薬園附近などに農地を得て、御薬園を管理していた栗本鋤雲を助け、桑や楮などを植えたり機織や製紙などに従事したりしていたといわれています。

 この、桑、楮の栽植には千人同心世話役の秋山幸太郎がよく働き、桑の成功は養蚕に結びついていきました。

 しかしながら、八王子千人同心隊たちの暮らしは、決して安定しているものではありませんでした。
 特に明治維新の余波は想像以上に大きく、大政奉還後の混迷の最中、七重に在住していた平山金十郎、花輪五郎といった郷士が、旧家の復興をはかろうと、箱館府知事だった清水谷公考を奪ういわゆるクーデターを画策するのです。
 結局、裏切りによって未然に防がれてしまうのですがったものの、平山金十郎は逃亡、花輪五郎は証拠である連判状を飲み込み証拠を隠滅し他の仲間達を助けるという顛末をむかえ、この計画に携わったその他大勢がわからないままの解決となりました。

 そのため、七重村に在住する千人同心たちには、主犯格の組織と関わりがあるのではないかという疑惑の目が向けられてしまいます。
 そのこともあるのでしょうか、榎本武揚らが鷲ノ木へ上陸し箱館戦争が勃発すると七重在住の千人同心たちは、これまでの疑惑をはらさんといわんばかりに、箱館府在住隊として黒沢伝之丞の指揮下に入り戦争に参加するという決断をしました。

 しかしながら、七重にいたもともと幕臣でもある千人同心である32名が、旧幕府軍に合流していた千人同心改め千人隊と戦うというあまりに残酷な悲劇がここにありました。


千人隊組成

 幕末になると、揺れ動く日本の政情にともなって、千人同心の近辺もにわかに騒がしくなります。

 外国船が盛んに日本海沿岸に近づくようになり、嘉永6年(1853)6月3日には、米国のペルー艦長が開国を求めて来日しました。
 国論は「開国」か「攘夷」に分かれて一気に混乱し、幕府は外国対策や軍制改革の必要性を痛感し大砲などの近代軍備の整備、台場の築造など海岸防備に取りかかります。

 これまでの槍に代わって、銃や大砲など西洋式の軍事調練が導入されていき、千人同心も安政2年(1855)老中阿部正弘から西洋銃の訓練を命じられます。
 その命を受け、幕臣家臣団が正式に発足する前の芝新銭座(芝新銭座大小砲修練場)に入門していきました。

 安政2年9月の従士組の入門を皮切りに、小十人組、小姓組、書院番などがつぎつぎに入門し、千人同心も安政3年(1856)3月、各組から一人ずつ選ばれた組頭9名が新銭座の門をたたくことになります。
 6月まで、一通りの訓練を受け、帰郷するとこの9名を教示型手伝いとし、9組から同心42名が選ばれ高嶋流砲術が調練されたといいます。

 さて、近代装備を身に付けた千人同心は日光火の番の一方で、戦闘集団として文久3年(1863)2月将軍家茂が初めて上洛する時には千人同心が388名同行しています。
 翌年(1864)6月にも千人組100名が将軍家茂を警護して上京しています。

 また、攘夷を唱えて水戸天狗党の乱が勃発し、甲府城を天狗党の攻撃から守る為、千人同心は864名を出動させたといわれています。 開港地横浜の警備、長州征討への従軍というように、休みなく動員されます。

 慶応元年(1865)9月、千人同心は、陸軍奉行の支配下となり、翌慶応2年10月幕府の兵制改革により「千人同心」は「千人隊」と改称されます

 慶応2年(1866)11月18日、第二次長州征伐に出兵した千人同心は、幕府軍が敗戦したため、日田、松山と、分散した者たちは大坂に参集し、傷を負いながら八王子へ帰還したのでした。

 この頃の多摩地方は情勢不穏につき、いつ如何なるときにも、千人同心の出動が行なわれたようです。
 長州征討の間においても八王子に残った千人同心たちは日光勤番、第二次横浜警衛、慶応3年12月、相模国辺りで乱暴浪人が多数現われ、千人同心が総動員され出動するなど休む間もなく役務をこなしています。

 しかし歴史の潮流は皮肉にも幕府の崩壊へと突き進んでいくのです。慶応3年(1867)1月明治天皇が即位し、10月14日には幕府が大政奉還を朝廷に提出し、ここに事実上徳川幕府は崩壊しました。




Information