本文へスキップ

高尾通信は高尾山とその周辺を観光、自然、歴史、文学、伝説、グルメに至るまで徹底的に紹介する高尾山総合案内サイトです



高尾山の文学・伝説・民話real estate

役行者伝説

 高尾山薬王院への参道の中ほど、霊気満山と額がかかった山門そばの神変堂は、昭和44年に改築されたものです。この堂内には山岳修験の祖である「神変大菩薩 役小角」が安置されています。

「続日本紀」における役行者
「日本現報善悪霊異記」における役行者
「修験道」と役行者


役行者伝説

  神変大菩薩というのは「役小角」(えんのおづぬ)のことであり、平安時代に山岳信仰の隆盛に伴い「役行者」と呼ばれるようになったといいます。
 他に役優婆塞(えんのうばそく)とも呼ばれる。
 ちなみに”優婆塞”は寺に入らず仏道を修行する男子の呼称です。

 また、『源平盛衰記』などによれば本名は賀茂役君小角(かものえのきみおづの)で、一応神道の名家賀茂一族の分家にあたる。(ただし父親の名字は高賀茂とも伝わる)

 幼名を「金杵麿」あるいは「小角」と呼ぶのは、出生の時に前頭部が突出して獨鈷の形をしていからだとか、役行者を渡都岐白専女が懐胎した時、口に金色の獨鈷杵が入られたからこのように呼ばれのだ、と言われます。
 
 役行者は、舒明天皇6年(634)元日、大和国葛木上郡茅原の郷賀茂役氏の娘 白専女(母)と問賀介麿(父)との間に生まれ、吉野の金峰山で霊感を得て呪術を身につけたといわれています。小角は、幼少の頃から博学で、梵字を書いたり拝んだりしていた。まわりの子らとは遊ばず、泥や土で仏像を作り、草の茎でお堂や塔を建て、花や水をそなえて礼拝していたという。

 17歳になると元興寺(現在の飛鳥寺)で学ぶ。やがて、葛城山で山林修行に入り、さらに、熊野や大峰の山々で修行を重ねる。箕面(みのお)山の大滝で、龍樹菩薩から秘法を授けられ悟りを開いた。そして、孔雀明王の呪術を修得する。孔雀明王の呪文を唱えると、蛇の毒を含むあらゆる毒、病気、災厄や苦痛を取り除くことができるという。
 いくつかの史書に名を残す役小角は、『続日本紀』に、文武3年(699年)5月、「役小角伊豆に流さる。・・・」と記載されていることからも、実在の人物であったことは間違いないところでしょうが、その生涯の殆どは伝説に包まれており真実の姿はつまびらかではありません。何せ平安前期に書かれた『日本霊異記』によると、「五色の雲に乗って、はてしなく大空の外に飛び、・・・・力を養う霞などを吸ったり、食べたり、」でき、更に、「洞窟に住み、葛を着、松を食べ、・・・・孔雀の呪法を会得し、不思議な威力のあらわれる仙術を身につけることができました。」と記されているのですから。

 高尾山薬王院は、古来より山岳宗教の修験道として発展してきた証として、その開祖である役行者、つまり神変大菩薩が祭られているのです。

PR
ウェッジ選書 22役行者と修験道 宗教はどこに始まったのか/久保田展弘【RCPsuper1206】


『続日本紀』による役行者

 役小角は「続日本紀」に出てくる実在の人物と考えられています。さらに、同時代に著された後述の「日本霊異記」にも取り上げられたことから、当時から著名な人物であったことがわかります。
 (文武天皇三年五月)「役君小角、伊豆島に流さる。初め小角葛城山に住し呪術を以て称さる。外従五位下韓国連広足(からくにのむらじひろたり)れを師とす。
後、その能を害み讒するに妖惑をもってす。故に遠処に配す。世に相伝へて言く、小角よく鬼神を役使し、水を汲み薪を取らしむ。もし命を用いずんば、すなわち呪術をもってこれを縛す。」
(岩波書店「新日本古典文学大系『続日本紀』」より)

 日本の正史とされる『続日本紀』によると役行者は634年(舒明天皇6年)、御所市茅原で誕生。名は小角といい、幼少の頃より葛城山で修行するなど山林修行や苦行の末、金峯山にて金剛蔵王大権現を感得され、修験道の基礎を開かれたと伝えられています。 同書によれば、小角ははじめ葛城山に住み、呪術によって有名になった。

 699年(文武天皇3年)、外従五位下韓国連広足(からくにのむらじひろたり)の讒言(ざんげん)によって、小角が人々を言葉で惑わしているとしたため、小角は遠流になった。人々は、小角が鬼神を使役して水を汲み薪を採らせていると噂した。
 命令に従わないときには呪で鬼神を縛ったという。讒奏による罪状は「妖惑」、すなわち怪しげな言説をもって民衆を惑わしたということになっており、これは「僧尼令」に基づくものである。

 701年(大宝元年)無罪がわかり、許されて都に戻りました。同年6月7日68歳で、箕面の天井ヶ岳にて入寂されたと伝えられていますが、異説も多く、「昇天した」「母を鉄鉢にのせて海を渡って入唐した」などと多くの伝説が残されています。以降、この『続日本紀』を基本とした役小角(役行者)の伝説が、各時代ごとに様々な書物や絵巻に描かれていく。その尊像の多くは、折伏した2匹の鬼(前鬼・後鬼)を従えた仙人風の姿で祀られています。

参考文献>
銭谷武平『役行者伝記集成』東方出版
宮家準『修験道組織の研究』春秋社
宮家準『役行者と修験道の歴史』吉川弘文館




高尾山の伝説・民話
高尾山の七不思議
天狗伝説
とんとん話
役行者伝説
牛頭天王伝説
華厳菩薩伝説・八王子縁起
高尾四滝伝説
弘法大師伝説
八王子城落城伝説
高尾山ミステリースポット

高尾山の文学
高尾と文学者たち
高尾の歌碑めぐり
中里介山と高尾
いろはの森の歌
高尾に眠る人々
夕焼け小焼けの里